容易でない希望の生活環境を持つ住まい探し

男女

地方に住んでいて念願叶って東京の大学や専門学校へ進学の決まった人、あるいは、東京の企業等に就職の決まった人が毎年春先に喜び勇んで上京します。若者が初めて親元を巣立って大都会を自由に行動できるうれしさだけでもウキウキするはずです。その反面、住まいを見つけて落ち着く迄の間、自分の生活に合う住環境を得ることに一抹の不安を覚えるといいます。東京の各地域には賃貸マンションが沢山あることが分かっていても通勤や通学に便利な地域で賃料が高くなくて、静かな生活環境を得られる等、希望する条件に合う住まいが見つかるか分からないからです。特に、賃料の高低と生活環境の良し悪しが比例する関係ですから、不動産仲介会社のネット情報には物件が数多く掲載されていても希望通りの住まい探しは容易でありません。

コミュニティーを作り難いマンション暮らし

マンション

殆どの人が一人暮らしになるので住宅事情の厳しい東京では1DKタイプが殆どですから、地方から上京してきた人にとって落ち着き先は激変するものになるでしょう。地方に暮らしていた人にとって殆どの人が新たに東京の賃貸マンション暮らしを始めると住まい周辺だけでなく狭い住まいで住環境が厳しい方へ激変することは間違いありません。増してや、過密都市、東京ですから安全面では玄関や窓の防犯対策に気を付けないといけません。地方に暮らしていた時ののんびりした雰囲気を東京に持ち込んでいられないでしょう。一般的な賃貸マンションでは学生寮や企業の独身寮のようなコミュニティー関係が殆ど生まれないはずです。従って、学生は可能なら学生用賃貸マンションに入居した方が良いと言われています。

マイペースでストレスを発散できる生活

男性

同じ生活スタイルの学生同士でコミュニティーの生まれる可能性があるからです。積極的に行動しないと、いつになっても隣に住む住人の名前と顔の一致しない人がいてもおかしくないのが賃貸マンション暮らしの一面です。従って、日常生活面ではマンション管理人を当てにするのではなく、殆どすべて、自分でしっかり管理していないと想定外のトラブルに巻き込まれることがあります。上京した本来の目的以外に日常生活上のこうした気配りをしていないと安心感の得られない暮らしに慣れるまで一定期間が必要だということです。こうした1DKタイプの賃貸マンション生活が落ち着いてきた頃には学生、社会人のいずれもが大学や専門学校の学業、或いは企業等の業務に慣れてくるわけです。しかしながら、東京の賃貸マンション暮らしに慣れてきても田舎暮らしと比較にならないくらい、目まぐるしい日常生活から受けるストレスが心身に溜まってくるはずです。そこで、通勤、通学や日常生活が落ち着いてきたら友人たちと趣味やスポーツ等に興じてストレス発散する機会を作ることが何より大切になります。